くせ毛にはブラッシングしちゃダメ!?手ぐしでキマるスタイリングがおすすめ!

毎朝ルーティンの一つとしてヘアブラッシングしている人は多いと思いますが、この記事を読んでいるくせ毛のあなたにはブラッシングを卒業してもらいたいんです!

実は良かれと思っているブラッシングが逆効果!より一層うねる、まとまらない原因になっています!

私も長年くせ毛に悩んできました。学生の頃はストレートヘアが流行っていたのでまっすぐなサラツヤ髪に憧れてブラッシングも念入りにしていたのですが、ブラッシングのせいで逆に残念になっていたことに後悔しています。

私のような勘違いで活かせるくせ毛を台無しにしないために、特にくせ毛に悩む女子にこの記事を読んでもらいたいと思います。

スポンサーリンク

くせ毛の人はブラッシングしちゃダメな理由

ポッドキャストの人気チャンネル「バイリンガルニュース」のMamiちゃんもインスタでくせ毛ブラッシング不要説を唱えていました。

View this post on Instagram

自分のくせ毛が本当に大嫌いだった。ストレートヘアに憧れて13歳からずっと縮毛矯正してた。 いま、自分のナチュラルヘアーが好き。勝手にくるくるになるのが不思議でなんか可愛い。 日本では学校のみんなストレートヘアで「なんで私だけ…」と思ってあんなに嫌だったのに、海外に行くと同じような髪の人が大量にいて、くせ毛を綺麗に見せるケア方法もたくさんシェアされてる。(絶対ブラシで梳かすなとか) 同じように悩んでる人いるかもしれないからこの話エッセイにしていつかどこかで書きたいなーと思ってる今日この頃🦄-Mami

A post shared by バイリンガルニュース (@bilingual_news) on

 

私の個人的な意見ですが、くせ毛をブラッシングすると、毛束がバラバラになってしまいますよね。

ただのくせ毛(天パ)をおしゃれに見せるには毛束感がポイントになってきます。

パーマをかけた時もワックス揉み込んで毛束感を出しますよね。せっかくかけたパーマをブラッシングして台無しにする人はいません!

ワックスを揉み込んだり、オイルでツヤを出したり、とにかく束にすることです。

くせ毛をブラッシングすると、バラバラになった髪が広がってロッチの中岡さんみたいなフラフラの髪の毛になってしまいますから髪が傷んで見えるし、清潔感がなくなります。

(中岡さん・・・ごめんな例に出して)

くせ毛にブラッシングは不要!手ぐしでボリュームを出していきましょう。

くせ毛を活かすという選択

 

くせ毛の人はストレートヘアに憧れる人も多いですが、ストパーや縮毛矯正かけたら量産型女子になったはいいけど、実際全然似合ってない!

ということがよくあります(中学生時代の私ですw)

にっくきくせ毛も実は自分の骨格や雰囲気に合ってることもあるんですよね。

意外と周りの人はそのくせ毛であなたを認識しているし、変だと思ってないことが多いんです。

くせ毛がコンプレックスで、好きになれない!絶対ストレートがいい!という人は今すぐ縮毛矯正をかけにいきましょう!市販のまっすぐになる系のスタイリング剤は気休めです!絶対縮毛矯正かけた方が手っ取り早くコンプレックスが解消されますので高いけど縮毛矯正一択です。)

くせ毛を活かすスタイリング

くせ毛の方は、とりあえず寝起きの髪にドライアーを当てて根元をふんわりさせてスタイリング剤を揉み込むに限ると思っています!

くせがいびつな時は、32mmのコテで適当にリバース巻きすれば雰囲気が出るのでおすすめ。

なんなら起きたら髪をお団子にしてわざとくせつけて見るのも洒落てます。

前髪がうねるのが気になりますよね。

前髪は

  1. 作らない
  2. 短くして流す
  3. 前髪だけ縮毛矯正

この3つがおすすめです。

中途半端が一番大変でストレスなのでやめましょうね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です