なつぞら(朝ドラ)7話あらすじネタバレ!なつが家出!?(4月8日放送)

なつぞら

2019年4月スタートの朝ドラ・なつぞら「第2週 なつよ、夢の扉を開け」4月8日放送の第7話のあらすじネタバレ!をご紹介します。
なつが柴田家から家出!?少しづつ十勝での生活にも慣れてきたのに、なつはどうなっちゃうんでしょうか?

スポンサーリンク

なつぞら第2週あらすじ

なつぞら第2週のあらすじはこちら↓↓

4月8日(月)〜4月13日(土)

東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。

引用元:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/story/02/

なつぞらキャスト一覧と相関図はこちら>>

なつぞら第2週ネタバレ

なつ、柴田家を飛び出す

幼なじみの佐々岡信哉(工藤阿須加)と歩いていたなつは、ふと十勝にきたばかりのことを思い出します。

それは、兄弟に会いたくて、柴田家から逃げ出したこと。

佐々岡は「なっちゃんが?」と驚いた表情を浮かべます。

帯広にたどり着き上野での生活を思い出すなつ

幼いなつは、柴田家を飛び出して一人で東京に向かうことを決意します。

早朝、柴田家から家出したなつは帯広に向かいます。

一文無しのなつですが、上野で兄たちと米兵相手に靴磨きで日銭を稼いでいた経験からここでもお金を稼いで東京までの資金を作ることに。

そんな時、なつは、上野での日々を思い出しました。

お兄ちゃんは歌とタップダンスが好きで、街中で披露してはお金を稼いでいました。また、陽気な性格で米兵と仲良くなり色々よくしてもらうことも。

なつはそんなお兄ちゃんが大好きでした。

しかし、お兄ちゃんや妹、孤児の仲間たちとの生活は長くは続かず警察によって保護され乳児院に預けられてしまいます。

悲しいことに、お兄ちゃんや妹、仲間たちとは離れ離れになってしまうのです。

柴田家総出でなつ探し

朝、富士子(松嶋菜々子)がなつを牛舎に探しにきましたが、なつの姿が見えません。

牛飼いたちに聞いても、「今日はなっちゃん寝坊したんじゃ?」と、そんなバカなと驚いた富士子。

ここで、なつがいなくなったことに気がつきます。

夫婦は、子供たちがなつをいじめたんじゃないか?と疑いますがそうではなさそう。

とにかく、一家総出でなつを探しにいきます。

警察に保護されるも逃げ出すなつ

その頃なつは、マーケットで靴磨きをしていたところを警察官に保護されていました。

警察からの尋問を受けて、東京に帰りたいと素直に話すなつでした。

警察官は悪い人ではなさそうですが、なつは隙を見て警察署から逃げ出します。

なつぞら7話 Twitterでの感想

まとめ

なっちゃんの兄を演じる子役が成長して岡田将生になるのは無理がある!!
西郷どんで、鈴木亮平の幼少時代を演じていた時はNHKさすが面影のある子役を探してくるねー!と思っていただけにちょっと残念。

これからなつを取り巻く幼なじみ、兄がイケメンにチェンジしていくのが個人的にとっても楽しみなのであります!!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です