半分青い98話あらすじ・ネタバレ感想!(7月24日放送)元住吉監督が衝撃の裏切り?

半分、青い。 あらすじ

朝ドラ「半分、青い。」98話のあらすじとネタバレをご紹介します。

脚本が書けない涼ちゃんに、元住吉監督が原作のあるものを脚本にしたら?
と、アドバイスしてくれたことから、涼ちゃんは息を吹き返しますが…

では早速、「半分、青い。」98話のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう!

スポンサーリンク

半分、青い。98話を見てのあらすじ

めちゃくちゃ面白い曲本を書き上げた涼ちゃん!

鈴愛や元住吉監督からも大好評だったため、すぐに原作者にアポを取ることに。

原作者が元住吉監督のファンだったことから、すぐに涼次の脚本を読んでもらうことができました。原作ファンをがっかりさせないために、映画化の話は受けないことで有名な原作者でしたが、涼次の脚本を気に入り、即映画化OK。

そこで、落ち目の元住吉監督に悪の心が!

映画を、「私に撮らせてもらえないかと」原作者に頼んで、涼ちゃんから横取りしたのです。

スポンサーリンク

半分青い98話の感想

今まで涼ちゃんのことをまるで弟のように可愛がって、育ててきたにも関わらず

元住吉監督は嫉妬に狂ってしまいましたね…

鈴愛の2年間の内助の功も虚しい結末に。

次回、鈴愛がブチ切れて大立ち回りか?

Twitterでの意見↓↓

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です