山﨑賢人主演ドラマ「グッド・ドクター」2話のあらすじ・ネタバレ・感想!

ドラマ「グッド・ドクター」2話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

未熟児を出産した女子高生とどう向き合うのか?赤ちゃんの命はどうなるのかが見所ですね!

ドラマ「グッド・ドクター」2話のあらすじ・ネタバレ・感想をさっくりご紹介します!

スポンサーリンク

グッド・ドクターの2話あらすじ

まずは、2話の予告をcheck☆!!

2話公式あらすじ

新堂湊(山﨑賢人)は問題を起こしながらも東郷記念病院小児外科でレジデントとして働くことになった。
そんな時、女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。カンファレンスで瀬戸夏美(上野樹里)は唯菜の緊急出産を報告。赤ん坊は低出生体重児で 腸のほとんどが壊死状態で壊死性腸炎が認められると続けた。しかも、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。
その頃、病院の廊下で雑用をしていた湊は歩いて行く唯菜を見つける。唯菜はNICU(新生児集中治療室)で保育器に入れられたわが子にしきりに謝罪していた。すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまった。

唯菜の病室に検診に行った夏美は、高山誠司(藤木直人)の手術なら助かると湊が言ったと聞いて驚く。夏美からの報告を受けた高山は湊をきつく叱る。高い術中死がともなう手術はせずに温存治療で赤ちゃんの回復を待つという医局の方針に反していたからだ。湊は夏美からも唯菜の病室やNICUには行くなと言われてしまう。
子どもを助けたい一心の唯菜は夏美に手術をして欲しいと食い下がる。だが、未成年の唯菜では保護者の手術の同意書が必要だと夏美が諭す。すると唯菜の母、真紀(黒沢あすか)がやって来た。唯菜の妊娠、出産を責める真紀は手術同意書へのサインを拒否する。
夏美に叱られながらもNICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

スポンサーリンク

グッド・ドクターの2話を視聴してのあらすじ

小児外科で働くことになった問題児(?)湊。

そんななか突如女子高生の緊急出産ののち、赤ん坊は未成熟の状態で腸が壊死状態に。手術をするには同意書が必要であり、女子高生は母親にサインをするよう説得するものの母親は拒否をする。しかし、母親は女子高生の着替えを持ってきたりと世話をしていた。

病院は赤ん坊を温存治療で手術をしないものとしていた。度々問題を起こしていた湊は赤ん坊の診察画像でとある事に気づく。高山先生にオペを頼む湊。同意書も得られ高山先生は赤ん坊のオペにのぞむ。

手術は成功したが、女子高生は涙を赤ん坊の前で流す。それは同意書の代償として赤ん坊を里子へ出すというものであった。

退院当日、夏美先生は女子高生にとあるパンフレットを渡す。個人の意見として女子高生に養育里親制度を提案した。

赤ん坊に挨拶をする際、赤ん坊のそばに女子高生の絵が飾られていた。その絵は湊が描いたものだったのだ。女子高生は涙をこらえながら赤ん坊の手へそっと触れたのであった。

そして別の場面では、理事長と院長、副院長などらが集まって話をしていた。命を救うためにガイドラインを無視してはならない。その責任を湊へとらせようという話だった。その話に高山先生が割り込んで自分に責任があると言う。

果たして責任は誰がとるのか?湊の今後はどうなるのか?

スポンサーリンク

グッド・ドクターの2話の感想

第2話としてはなかなか重い内容でしたね。ですが、命を扱う病院としては大切なテーマだと思いました。

それぞれの助けたいという想いが不器用ながらも交差しつつ、徐々にみなさんの協力が最終的に1つへなった時は笑みがこぼれそうでした!

病院の決まり(ルール)は命には変えられない。なかなかグレーゾーンで難しいものですが、何がいま大事で必要なことなのか――?そんな風に考えさせられるものでした。

スポンサーリンク

グッド・ドクターの2話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/asym_ue/status/1019964920945766400?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fmokt_a%2Fstatus%2F1019966024731353088

https://twitter.com/tomato1mozu/status/1019965013539237888

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です