半分青い87回あらすじ・ネタバレ!涼ちゃんが鈴愛に愛の告白!(7月11日放送)

半分、青い。 あらすじ

朝ドラ「半分、青い。」87回のあらすじとネタバレをご紹介します。

100円ショップ大納言は運動回がまさかの雨で期待はずれ。

店長が失踪して、二人きりきりで店に出るようになり涼ちゃんと鈴愛の中は急接近!?

では早速、「半分、青い。」87回のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう!

スポンサーリンク

半分、青い。87回のあらすじ・ネタバレ

 

涼ちゃん最後の日はあいにくの大雨…

掻き入れどきの運動会も雨で順延になってしまいました。

忙しい最中に女と失踪した田辺さんが大納言の様子を見に来ましたが「ごめんなさい」を言う勇気がなく、また去ってい来ます。

昨日買い物に来たおばあちゃん、東雲さんがあげたいのって、万華鏡?と気づく二人。

ちょうど東雲さんがやってきます。

東雲さん万華鏡を作ってあげる涼ちゃん

「ハァ〜綺麗!涼ちゃん、私にも作ってよ。万華鏡。今日で終わりでしょ?記念に。」照れながら涼ちゃんにおねだりする鈴愛。

その頃、岐阜では「なんで首根っこ捕まえて連れ戻さんかったの!」

そうたから鈴愛の近況を聞いて母・晴が怒っています。

仙吉じいさんや父はのんきなもんで、草太が東京で出席した結婚式の引き出物をカタログギフトで選んでいます。

「松坂牛もええな〜」

「あの子は東京で何やっとる?

100円ショップでアルバイトやろ!この先どうなる。」

晴さんの怒りはおさまりません。

大納言では、涼ちゃんが万華鏡キットをレジに持ってきて

「作ります。リクエストされたから。」と。

二人でバックヤードへ。

そんな涼ちゃんに、打ち上げしよう!と鈴愛

大納言のバックヤードはビールもギターもあって店長のリビングと化すのだそう。

涼ちゃんはギターを手に取り「では!」と

突然、イントロクイズを始めます。

「ジャカジャ〜ン♪」

分かった!と、ラブストーリーは突然にを歌い出す二人

次に歌った曲はロンバケで使われていた「Sobani Iteyo」という曲です↓

 

ドラマの曲だと聞くと鈴愛は、「漫画ばっかり描いていて何も知らない。」と言います。

「涼ちゃんさんは、明日からロケか?」

「うん。沖縄」

「私は何もない。漫画辞めてから明日が見えなくなった。宙ぶらりん。息苦しい。

田舎のことだとか、友達が子供産んだとか、そうゆう雑音ばっかり入ってくる。意地悪な人間になりそうだ。」

「いいんじゃないですか?休めば。今まで頑張ったから。」と涼ちゃん。

打ち上げをお開きにして外に出るとまだ激しく雨が降り注いでいた。

私は片耳聞こえないから、傘をさすと片方雨の音が聞こえない。私が好きだった人は、両側に雨が降るのってどんな感じ?って聞くと、傘に落ちる雨の音ってそんなに素敵じゃないから、片方くらいでちょうどいいよ。って言ったんだ。

と話す鈴愛に、素敵な人ですねと返す涼ちゃん。

でも、結婚しちゃった。という鈴愛に、雨に打たれながら道へ出る涼ちゃん。

「傘をささなければ両方に雨の音が聞こえる。鈴愛さん、楡野鈴愛さん、僕と一緒に雨に打たれませんか?」

「酔っ払い!でも、私も酔っ払いだ!」

あー!!と気持ちよさそうに声をあげる二人。

「雨に唄えば、知らない?」と涼ちゃん。

踊り始める二人。楽

「たのしー両方に雨が降ってる!両方に、雨が降ってる!」とはしゃぐ鈴愛。

涼ちゃんに引き寄せられ、抱きしめられる鈴愛。

「好きです。鈴愛さん。」

涼ちゃんからの突然の告白!!

 

▼雨のダンスシーンメイキング映像▼
https://twitter.com/asadora_nhk/status/1016823277552103424

スポンサーリンク

半分青い87回の感想

今日の「半分、青い。」を見たら、恋が始まる甘酸っぱい気持ちが溢れ出して爽やかでカルピス飲んで大きな5時半の夕焼けをチャリンコで見に行きたくなっちゃいました!

鈴愛のモヤモヤを全部受け入れて、包み込んでくれる涼ちゃん。

二人が高校生だったら、なんの問題もなかったんだけどなぁ〜

きっと、1999年の28歳フリーターと、夢を追う売れない映画助監督だと厳しいものがありそう。

それでも、こんな風に心を通わすことができたら幸せですね。しばらく幸せな二人が見られたらうれしいです。

Twitterでの意見↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です