半分青い82回あらすじ・ネタバレ!鈴愛、漫画家を辞め極貧アルバイト生活のスタート

半分、青い。 あらすじ

朝ドラ「半分、青い。」82回のあらすじとネタバレをご紹介します。

漫画家を辞め、秋風先生の元を離れた鈴愛。

人間関係も目まぐるしく変わって、もはや別のドラマが始まったか!?というレベルでの大変動が起きています。

では早速、「半分、青い。」82回のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう!

スポンサーリンク

半分、青い。82回のあらすじ・ネタバレ

※会話の部分は大体です。正確な文字起こしではありませんのでご了承ください。

物語は100円ショップ大納言でレジに立つ鈴愛と店長の田辺さんのカットから始まりました。

店長「お嬢ちゃん、漫画描いてたんだよね。すごい。」

鈴愛「100円ショップって、全部100円なんですね〜」

などと、閑古鳥が鳴く店で何気ない会話をする二人。

鈴愛を「お嬢ちゃん」と呼ぶ店長に、「私、お嬢ちゃんじゃありません。もう28になります。」と答える鈴愛。

「え?おばさん?」と顔を見合わせる鈴愛と店長。

1999年秋、鈴愛は100円ショップで働き始めました。

鈴愛の住まいはボロボロの風呂なしアパートに住んでいます。

売れっ子漫画家のボクテと、セレブ妻のユーコに米や古着を恵んでもらい喜ぶ鈴愛は

ほとんど白湯のようなコーヒーをすすり、たくましく生きていました。

「鈴愛ちゃんにプライドがなくてよかった〜。」とボクテに言われて

「なんでももらう〜」とがめつい鈴愛。

鈴愛は貧乏まっしぐらです。

漫画家を辞めて丸の内OLにでもなろうと安易に考えていた鈴愛ですが、高卒の鈴愛には応募資格すらありません。

さらに、就活しても25過ぎ、職歴なしの鈴愛は箸にも棒にも引っかかりません。

結局、時給750円の100円ショップアルバイト店員に落ち着きました。

漫画家を辞めたこと、故郷の母には伝えたの?とボクテたちに聞かれると

「あんたらは田舎を知らん。25過ぎて夢破れて帰ってきたなんて近所の笑いものや。犬神家の世界や。スケキヨと結婚させられてまう。」とおどけてしゃべる鈴愛。

「母親とは今日も電話で喋ったが、やつは騙されとる。」と母に漫画家を辞めたことがバレるはずがないと自信満々の鈴愛だった。

一方、岐阜に住む鈴愛の母は、娘の変化を敏感に察知していた。

夫に、「鈴愛の様子がおかしい。声が清々してる。まるで締め切りのない声や!」と話していた。

「鈴愛ももう28歳、もうすぐ30の大台や。」と娘を案じていた。

鈴愛の父に至っては、「もう、オバハンやな!」と一笑に付していた。

場面は狭いアパートでむさ苦しい男性二人がカタツムリの映画を見ているシーンへ。

このアパートは「COOL FLAT」という映画製作会社の事務所らしい。

二人の男性は、映画監督の元住吉と助監督の森山だった。

事務所なのに電話が鳴らないのは、営業をしていないからだというが

映画監督が営業なんてできるか!という職人気質な元住吉監督だった。

そしてシーンはCAFE「3月うさぎ」へ

3人のおばさんが騒がしくそうめんを食べている。

「夏の終わり 冷蔵庫に残る そうめんかな 字余り」などと戯れながら

色付きそうめんを取り合うおばさんたち

そして、鈴愛のシーンへと戻る。

鈴愛は、ユーコの紹介で少々イケメンな金持ちとお見合いするらしい。

お見合い相手の写真を店長に見せる鈴愛。

「私は出会って恋をして結婚したい。でも、平均滞在時間10分、お客は主婦層の100均で出会いなんか…」

と言う鈴愛の目の前に、映画助監督の森山が客として現れた。

鈴愛は美しい森山に目を奪われる。

スポンサーリンク

半分青い82回はの感想

あさイチの華丸さんのコメント

「初めましてが多すぎて、人見知りしてますよ!」

twitterの反応↓↓

映画監督・元住吉として登場した斎藤工さんはご自身も映画監督の経験があり、映画監督をした際に苦労しすぎて白髪が増えたことから、元住吉の髪型を白髪まじりにすることを提案したそうです。

リアルな映画監督になりそうですね。

半分、青い。を見ていると1999年、約10年前の日本では経済力のある男性を若いうちに捕まえることが安定の条件だったということが痛いほどわかりますね。

でも、そこは鈴愛ですから、安定を選ばずイバラの道を進んでいくことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です