山Pがお坊さんになった9時から5時まで最終回ネタバレ!結末はハッピーエンド?

5-9

フジテレビ系月9ドラマ(2015年10月~12月まで放送された)「5時~9時まで」で山Pがお坊さんになって好演。

その「5時~9時まで」の10話、最終回が結末としてハッピーエンドだったの?! ということで「5時~9時まで」の気になる最終回のネタバレと結末や感想などを独断と偏見も交えてまとめて書いてみました。

スポンサーリンク

山Pがお坊さんになった5時~9時までって?

海外ドラマのような生活を夢見ている英会話講師・桜庭潤子(石原さとみ)が27歳の誕生日を境に何故か次々と異性から好意を寄せられるようになるのです。

そして、何の因果か毛嫌いをしていた見合い相手の僧侶・星川高嶺(山下智久)と関係をもってしまうのです。

「深く結ばれた間柄なら結婚は当然の成行き」と主張する星川をよそに、仕事のスキルアップと海外生活を夢見る潤子にはどうしても高嶺と結婚して寺の嫁になることは受け入れられない事だった。

高嶺はそんな潤子をストーカーを思わせるほどに彼女に執着し、追いかけるのでした。潤子と高嶺の恋模様を周りの人間をも取り巻くラブコメディーなのです。

スポンサーリンク

5時から9時まで最終回ネタバレ

星川高嶺(山下智久)が足利香織(吉本美優)と結婚して寺の住職になることを選んだ事で、住職になりたかった弟・星川天音(志尊淳)のマンション計画は破綻する。動機が不純だものね。当然の結果?

英会話教室ELAのゼネラルマネージャー・清宮真言(田中圭)は「俺が辞表を受け取るはずないだろ」と桜庭潤子(石原さとみ)に辞表を返すのです。

そして、ELAの仲間が潤子の復帰を歓迎する。

潤子は高嶺と別れたことを家族に黙っていたが、高嶺が桜庭家へ合鍵を返しに来たことで高嶺を家族のように思っていた両親と妹はショックを受ける。

「息子が出来た」と喜んでいたのに気落ちしますよね。

激怒した潤子の父・桜庭満(上島竜兵)は「話をつけてくる」といい、高嶺を追いかけて「こういう日は銭湯へ行きたくなるよね。家族でよく行ってたんだけど、男湯で何時も独りぼっちだった。

息子が居たらなって何時も思ってた。だから、高嶺君と一緒に行きたいと思ったんだけど・・・」と話す。

納得のいかない妹・桜庭寧々(恒松祐里)は「お姉ちゃんと星川さんを仲直りさせたい」というメールをELAのメンバーへ送る。

ELAのメンバーは潤子と高嶺をくっつけるため、作戦会議を始める。いい仲間ですね。 ELAのメンバーに背中を押された潤子は高嶺にお弁当を届けるため寺を訪ねて高嶺にお弁当を渡そうとするも高嶺は無視。 コラコラ!

そこへ現れた弟・天音に潤子は「持って帰るのはキツイから」と言って天音にお弁当を預けるのです。

その日の夜、三嶋聡(古川雄輝)が「坊さんと行ってこい。こういうの好きそうだろ。まだ諦めるの早いだろ。13時に博物館前で待ち合わせをしている。がんばれよ」と言って潤子にチケットをあげる。

潤子ちゃん、頑張れ!翌日高嶺は、博物館へ行くと待っていたのが三嶋でなく潤子だったので「なぜ、貴女が」と驚く。

潤子は「ごめんなさい。三嶋にお願いして」と話して、2人で博物館の中へと消えていく。 しかし、高嶺に突き放されて、潤子は高嶺と仲直りすることが出来ず、最後のデートになってしまいました。 ガックシ・・・。

泣きはらした潤子はニューヨーク行きが決まる昇進試験を受けることを決意し、清宮にその事を告げると清宮は「出発は25日だ」と告げた。

潤子の昇進試験は合格し、ニューヨーク行きは決まる。 12月24日、潤子は清宮から「感謝状」と書いた手紙を受け取る。

感謝状は高嶺がELAの一人一人に書いて渡したもので、どの手紙にも文面は違ったもので必ず潤子の事が書かれていました。もう遅いと諦める潤子に「俺はお前が好きだ」「だからこそお前には好きな人と一緒になって欲しい」と背中を押されるのです。

清宮さん、大人!カッコいい!

感謝状を受け取った潤子の仲間は高嶺の元に駆けつける。大勢の仲間が潤子と高嶺の幸せを願っている事を知った香織は高嶺に別れを告げて身を引いた。

その頃、星川ひばり(加賀まりこ)が潤子の所へ訪ねていた。潤子が高嶺に宛てた手紙を天音の部屋にあったのを読んでしまったこと、高嶺の両親のことで後悔していること、高嶺の母に潤子が似ていることを話して「寺の嫁としては認めないけど、高嶺の嫁としては認めるって言ってるの。

早く行きなさい」とひばりに言われ潤子は慌てて走り出した。潤子が寺に着くと大きなクリスマスツリーが飾ってあり、スーツ姿の高嶺がいた。

「貴女を愛してます。泣かせてごめんなさい」と言って抱きしめる高嶺。 「許さないよ。許さない。だから、一生かけて謝って」と応える潤子。

すると、高嶺はひざまずき「結婚してください。私の妻になってください。私と一生を過ごしてください。貴女を幸せにします」と告白し、結婚指輪を差し出すのです。

潤子は「いいですよ。結婚して差し上げます。あなたの妻になって差し上げます」と応えて指輪を受け取る。やったね、潤子ちゃん!

翌日、潤子がニューヨークへ旅立つ前に高嶺と潤子は口喧嘩しながら、イチャイチャしながら区役所へ向かうのです。

スポンサーリンク

5時から9時まではハッピーエンド?結末と感想

山Pのお坊さん姿が素敵!と評判から始まり「5時から9時まで」も無事に最終回!

潤子ちゃんと高嶺くんの恋の行方が気になっていた視聴者さんも多かったはず!!  2人をかこむ周りの人達が良いですね。特にELAのメンバーが最高です。

潤子ちゃんの背中を押してあげたり、潤子ちゃんと高嶺くんの仲直りも作戦を立てて仲を取り持とうと一肌もふた肌も脱ぐところは人間関係が素晴らしいです!!

お陰様でラストは2人で区役所へとなり「5時から9時まで」ファンからすると希望通りの結末でうれしいところ?ですね。

月9ドラマなのでハッピーエンドが一番です。潤子ちゃんと高嶺くんの恋の妨げになる双方に婚約者や思いを寄せる人間が現れたり、中々の盛り上げ方!

最終回には妨げになる人間もいなくなって、潤子ちゃん!高嶺くん!やったねって観ている方も乗ってくる。ラストの2人のラブラブな感じはちょっと・・・と思うけど、ハッピーエンドなので!

めでたしめでたし・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です