半分青い77回のあらすじ・ネタバレ!鈴愛が怖い律の新居へ乗り込み新妻と対峙!

半分、青い。 あらすじ

朝ドラ「半分、青い。」77回のあらすじとネタバレをご紹介します。律が結婚したことを知った秋風先生は律に直接電話をします。果たして律は何を語る?前回のラストで律の結婚を知った鈴愛はが驚きの行動に出る!

では早速、「半分、青い。」77回のあらすじ・ネタバレを見ていきましょう!

スポンサーリンク

半分、青い。77回のあらすじ・ネタバレ

※会話の部分は大体です。正確な文字起こしではありませんのでご了承ください。

「お母ちゃん。律、結婚した?」

虚ろな目をして電話越しに、母に尋ねる鈴愛。

うん、結婚したよ。飼ってたカメが亡くなって寂しくなったんやろか〜?
先月だったかな?大阪の菱松電機の受付の女の子と結婚したらしい…

いろいろありがとう、食べるね。と言って電話を切る鈴愛。
受話器をおいて、母の仕送りの段ボールから里芋の煮っころがしを口に含み、噛みしめると涙が止まらない…

その頃、秋風先生はユーコ、ボクテとともにオフィス・ティンカーベルにいた
そして、先生は律の職場に電話をかけた。律が出ると、電話をスピーカーモードにして二人に聞かせて話を始める。

「結婚のお知らせのハガキをもらいまして。結婚おめでとう。おめでたい。」
「先生のところにまで…」と律。

「でも、律くんは、鈴愛さんじゃなかったのかな?」
先生はど直球に律に質問する。
律は、人気のないところからかけ直すと言って一旦受話器を置く。

律は、会社の屋上から、秋風先生に折り返した。
「鈴愛さんには振られたんです。無理って。考えさせてとか云々じゃなくて、無理。」

スピーカーで電話の内容を聞いていたユーコは思わず口を挟もうとする。
秋風先生はユーコを静止して、続けて話を聞く。

秋風先生に言われたこと、よく覚えています。人生に無駄なことはない。無駄に思えることも何かにつながっている。
鈴愛に振られて辛かったけど、律は乗り越えたようだった。

電話を切って、秋風先生はユーコとボクテに言った。
「人生は一方通行なんだ。」
今、律くんに楡野の「無理」という返事の本当の意味を教えたところでどうなる。彼はもう自分の人生を歩んでいる。

腑に落ちない顔をするユーコとボクテ。

そこに、ツインズメイドが入ってきて、何やら急を知らせる。

秋風先生とユーコ、ボクテが鈴愛の部屋を訪れると鈴愛は姿を消していた。

鈴愛は、結婚を知らせるハガキを頼りに律と新妻の住む新居へ向かっていた。
たどり着いた律の家は2階建ての一戸建てだった。鈴愛が律の家をじっと見つめていると、2階に律の妻・より子が現れた。
じっと見つめて来る鈴愛の存在に気づいたより子もまた、鈴愛を見つめる。

スポンサーリンク

半分青い77回感想

秋風先生、親心は分かりますが、律の職場に電話をかけちゃうなんてびっくりですね。
もはや、77回は驚きしかありません!!

昨日、ユーコとボクテがよんだ通り、ハガキは新妻・より子が律の断りなしに出していたことが分かりました。
より子もなかなかのものですね。SNSがなかった時代、結婚ハガキを過去に関係のある女性に送るというのは喧嘩を売っているようなものでしょう。より子は鈴愛が訪ねてくることを想定していたかもしれませんね。
きっと律のことだから、鈴愛のことはより子に話しているだろうし。(律の部屋に鈴愛の描いた少女漫画がたくさんあるだろうから、きっと気になってより子から聞くだろうし。)

より子も怖いし、鈴愛も怖い。怖いというより、気持ち悪い…

次回、鈴愛とより子のキャットファイトになるのか!?
それともより子が妻の余裕を見せつけるのか?

twitterの反応↓↓

 

鈴愛、この10年一心不乱に漫画を描いてきたけれど、精神的には成長できなかったのかな。
律を振って4年も連絡取ってなかったのだから、もうムリだよ。気持ちを飲み込んで渦巻く感情を漫画にしてほしいものですね。
それとも、この二人なら離婚して鈴愛と再婚もあるのか!?フラグがたったのかもしれない…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です